賃貸契約をするときに必要な書類と物件の見分け方

事前準備必須!?賃貸物件に必要な書類はどれ?

賃貸物件について

賃貸物件の契約はこちらが借りたいと言う気持ち以外にも、多くの物が必要です。特に書類はとても重要で、自分の身分証明をするのに必須です。 ちなみにフリーランスや自営業の方は、会社努めの方よりも審査のややハードルが高くなりますので際には注意が必要です。

引越しにはどのくらいの費用が必要?

物件契約はその物件に住む為に毎月、決まった賃料を支払わなければなりません。それとは別に賃貸物件を契約する時に敷金・礼金など多くの手数料が発生します。 新生活に必要な家具家電なども購入するので、多額の費用が発生しますが、その平均相場はどの程度でしょうか。

自分に合った物件を探すコツを公開

住み心地の悪い家はどうしてもストレスが溜まりますし、自宅にいたくないという気持ちになっては契約した意味がありません。出来れば契約前にチェックして不備やトラブルを回避出来る様に努めたいものです。 ここでは自分に合った物件選びのコツを公開しています。

余裕をもって準備したい書類

一昔前までは賃貸住宅よりも戸建て、またはマンションの購入が主流で自分の家を持つ事がステータスになっていました。しかし現代はライフスタイルや生活の多様化が浸透し、持家を持っていない方も増えてきました。現に4割の方が家を持たずに賃貸契約をしているとデータがあり、今度ますますその比率は上がっていくのではないかと懸念されています。
ちなみに賃貸物件を契約するメリット・デメリットは何でしょうか?まずメリットはローンでは無く月々の支払の為、借金を抱える事が無い点です。せっかく家を購入しても返済に追われて生活がカツカツになるのは辛いですし、病気やリストラで返済出来なくなると破綻する可能性もあります。賃貸契約はこの様なリスクが無く、自分の生活に応じたライフプランを練る事が出来ます。
ライフプランと言えば家族構成や環境によって住まいを変えられるのも大きな強みです。転勤や新しい家族を迎える場合に柔軟な対応が出来ます。他にも隣人トラブルがあった場合は速やかに引越しが出来るなど様々なメリットがあります。
デメリットは自分の所有物では無いので穴をあけたり、工事をしたりと自由にリフォーム・リノベーションが出来ない点です。月々の家賃を支払う必要があるので、老後に向けて不安を感じる方もいる様です。
そんな一長一短の賃貸契約ですが、契約するにあたってどの様な書類・費用が必要なのでしょうか?合わせて物件の選び方にスポットを当てているので、一読下さい。

おすすめリンク

賃貸経営で成功する方法

賃貸経営をすれば、誰でもうまくいくわけではありません。成功する方法を伝授します!

日本ワークスは土地仕入れから企画までを担当します!

物件の取り扱いなら日本ワークスにお任せください!土地選びからプランニングまで対応します。

日本ワークスの開発物件が魅力的な理由

なぜ日本ワークスの開発した物件が魅力的とされるのか。その理由に迫るべく取材しました。