事前準備必須!?賃貸物件に必要な書類はどれ?

>

引越しにはどのくらいの費用が必要?

契約時に必要な費用はどのくらい?

賃貸物件の契約は、単に契約を交わせば住めるものではありません。契約を完了させる為には不動産や大家さんに敷金・礼金を始めに多くの手数料が発生します。
敷金は契約した物件に住むにあたっての担保金の様な物です。退出時の物件に不備がなければそのまま返却してもらえます。
続いては礼金ですがこれは契約してくれてありがとうと言う感謝の気持ちを込めた金額になります。とは言ってもこれらが発生しない物件も多いので、初期費用は省きたい方は手数料に着目するのも良いです。
不動産に支払う仲介手数料、前家賃、鍵の交換やクリーニングなどの雑費を合わせて家賃の4倍程度発生すると言われています。出来る限り余裕を持って引越しに挑むのがベストです。

新生活に必要な金額は?

無事契約が済んだら後は引越しをするだけです。新生活を始める為には多くの物が必要ですが、どのくらいの費用が必要でしょうか?
別の項目で説明した様に契約に必要な費用は家賃の4倍程度です。それにプラスして新生活に必要な家具家電を購入していくのですが、単身の場合は約15万円、ファミリーの場合は人数にもよりますが20~50万円が相場です。もちろん以前に使っていたものを流用する場合や、中古でも構わないと言う場合は安くなります。
また引越し業者へ依頼する場合はハイシーズンの場合は5~6万円、シーズンオフだと2~4万円程加算されます。
業者でなくて自分達で運ぶ事も出来ますが、配置や壁を傷つけてしまう可能性もあるので出来ればプロへ依頼するのがベストです。


この記事をシェアする